ホルモン剤についての情報をしっかり把握!

ホルモン剤のについての情報をまとめておきますので、興味がある方は是非!

こんなにあるの?今使われているホルモン剤の種類と用途

目覚まし時計と未開封の錠剤

更年期障害の治療や避妊用のピル。更にバストアップやアンチエイジングなどの美容目的でホルモン剤を利用されている方が現代では増加している状況です。

しかしながら、ある程度にホルモン剤のことを把握しておかないと、後になって後悔してしまうことにもなりかねません。

例えば本当にバストアップなどの高い効果が得られるのであれば、加齢という自然減少に逆らうことであり、それだけの強制を肉体に対して行うわけですから、副作用のリスクにも見舞われることを意味するのです。実際に使う前に、ホルモン剤のことを詳しくしっておきましょう。

女性ホルモン剤は人気が高い

ホルモン剤といっても、医療用に使われるものとしては、さまざまな種類があります。しかしながら、一般的にホルモン剤といえば、人気が高い女性ホルモン剤のことを指していることが多いです。

近年では不妊治療に用いられたり、更年期障害。PMSや月経異常といった婦人科の疾患の治療に利用されていることが多いため、一般の方にも広く知られることになりました。

変わったアプローチとしては、アルツハイマーの治療。また美容目的などで利用するといったパターンです。

女性ホルモン剤とは?

女性ホルモン剤は、前述にあるように婦人科の治療や避妊薬。更にアルツハイマーや美容目的で用いられており、経口薬ばかりではなく、皮膚に塗布するものや、パッチタイプで貼り付けるものなども存在しています。

またホルモン剤としてではなく、サプリメント化されているものや、コスメ商品化されているものも存在しており、種類が豊富です。

男性ホルモン剤とは?

また、男性用としても、男性ホルモン剤が存在しています。例えば、近年では女性のみに発症すると言われていた更年期障害も、実は男性にも起こるものとして認められました。

男性ホルモン剤も、更年期障害の治療。更に精力増進や勃起力の改善。EDの治療目的で利用されるケースが多くなっています。

引用文:プロベラ錠の個人輸入・海外通販ならTOP http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/provera10mg.html

成長ホルモン剤とは?

成長ホルモン剤は、成長障害が起こっている幼児などに使われることが多いホルモン剤です。他にも、近年では、加齢によって分泌が減少することが分かっているため、アンチエイジング目的で利用されることも増えています。

トレーニーなどが筋肉増強などのために使っているケースも見られます。成長ホルモン剤の使用には、注意が必要で、不適切な使用をすると体に大きな悪影響を及ぼしますから、成長ホルモンが良いという浅い知識だけで使用を決めるのは危険です。

甲状腺ホルモン剤とは?

甲状腺ホルモン剤は、名前からも想像がつくと思いますが、甲状腺ホルモンが低下した時に用いられるホルモン剤です。甲状腺ホルモンの分泌が低下してしまうと、このホルモンが担っている脳や心臓、筋肉や骨、そして皮膚といったさまざまな肉体の新陳代謝が正常に行われなくなり、さまざまな疾患を引き起こします。

また胎児が成長する際や子供の体や脳を発達させるためなど重要な役割を担っているため、さまざまな弊害を引き起こしてしまうのです。

薬の容器と注射器

アナボリックホルモン剤

最後にアナボリックホルモン剤です。これは前述で少し触れましたが、筋力トレーニングなどの効率アップ目的で使われます。

主にトレーニング後に摂取するわけですが、筋肉の増強効果があるため、アスリートなどが用いています。医療目的としても使われており、例えば男性不妊の治療や、骨粗しょう症などの際にも用いられるホルモン剤です。

ホルモン剤の考えられる副作用を知って理解を深めよう

ホルモン剤を服用するという場合、多くの方が不安として抱えているものの1つに「副作用」という問題があるでしょう。直接的に作用するお薬ですので、体内にさまざまな症状が現れる可能性ももちろんあるのです。

ただし、一般的には服用継続をしていくうちに落ち着く場合も多いようです。今回は、そんな副作用という問題について考えていきましょう。

吐き気や嘔吐について

ホルモン剤服用後、数時間経過したあたりから吐き気をもよおしたり嘔吐してしまうという方もいらっしゃいます。これもまた副作用として考えられる症状であり、いくつかの副作用の中でももっとも多いものともいえるでしょう。

乳房の不調について

女性ホルモンに直接的に働きかけを行うということから、乳房が張ったような感覚がある・痛みがあるという肩もいらっしゃいます。

チクチクとする・うずうずするような感覚があるなど感じ方はさまざまですが、女性ホルモンの影響を受けやすい乳腺に対する副作用と考えることが出来るでしょう。

左手で未開封の錠剤を持つ

不正出血

また、ホルモンのバランスに変化が現れることから不正出血が見られる場合もあるでしょう。大量に出血をしてしまうという事はないものの、不安や恐怖心を覚える方も多いのではないでしょうか。

継続的に続くという場合には医師に相談をすることをおすすめしますが、たいていの場合はすぐに治まるかとも思います。

頭痛やめまいなどについて

ホルモンの分泌に変化が現れることによって引き起こされる症状です。めまいがひどい場合・頭痛が何日も続き生活に支障が出てしまう時にはやはり医師に相談するのが良いでしょう。

副作用と付き合う

ひどい場合にはお薬を調整するなどの指示を仰ぐこともできますので症状にあわせて付き合いましょう。いくつかの副作用を掲げてきましたが「妊娠初期」の症状に近いものともいわれているのです。

投稿日:2016年12月1日 更新日:

執筆者: